節税だけではなく、節約も!?ふるさと納税の活用

2020.10.10
節税だけではなく、節約も!?ふるさと納税の活用
あれも欲しい、これも欲しい・・・・あれ今月こんなにカードの引き落としが、、、、
節約しなければ、、、、
でも洋服も化粧品も欲しい。美味しいものも食べたい。何を節約しよう?

こんな経験ありませんか?

そんなあなたにオススメなのが・・・・ふるさと納税の活用です!
  • そもそもふるさと納税とは?
     
    ふるさと納税とは、日本に於ける寄附金税制の一つ。”納税”という名称だが制度上の実態は「寄付」であり、任意の自治体に寄付をして、その寄付金額を現に居住する地方自治体へ申告することにより寄付分が控除できる本制度をもって、希望自治体に事実上の”納税”をするというものである。「ふるさと寄附金」とも呼称される。
    (ウィキペディアより)
     
    簡単に言うと、
    住民税の納税先を自分で選ぶことで、税金の一定額が控除され、
    しかも、その寄付先からお礼の品がもらえる、地域応援の新しい仕組みです。
     
    税金が控除されて、お礼の品ももらえるなんて、一石二鳥です。
     
    ふるさと納税をしている友人に聞くとフルーツやお肉や海鮮を頼む人が多いイメージですが、
    オススメなのは返礼品に日用品を選ぶことです!
     
     
     
  • 実際に我が家でも、
    ティッシュペーパーやトイレットペーパー、洗剤や調味料、
    入浴剤やお水など、生活必需品をふるさと納税で調達しており、
    生活費の削減にもつながりました。
     
    ちなみに、ふるさと納税がなぜ節税になるかと言うと、
    ふるさと納税では、寄付をした合計金額から2,000円を差し引いた額が、
    翌年納める住民税や所得税から、還付という形式で控除になります。
     
    ただし、控除の上限額は給与収入(年収)や家族構成で異なるため、ひとり一人が実質負担2,000円で寄付できる上限額を知っておくことが必要です。
     
    ※ふるさとチョイスより
     
     
    節税するだけではなく、納税しながら、生活費がカットできるなんてお得だと思いませんか?
     
    今までふるさと納税をしていなかったあなた、
    これを機に始めてみてはいかがでしょうか?
     
Write:yuki
アラサー商社マン。平成生まれの昭和の女。