今だからこそ見たい!サブスクで見れる素敵な洋画3選

2020.09.15
今だからこそ見たい!サブスクで見れる素敵な洋画3選
今年のお盆は実家にも帰れず、友人と集まることもできずSTAYHOME・・・という読者の方が多いのでは、ないでしょうか?
今回はそんな本サイトの読者の皆様に、夏を感じられる洋画を3作品ご紹介いたします。
どれも今流行のサブスク(AmazonPrime・Netflix)で見れる作品ですので、気軽に洋画の世界に飛び込んでみては?
  • エブリデイ -2018 1時間37分-

    《あらすじ》

    毎日人間の体に憑依して目を覚ます霊体“A“。そんなAに16歳の少女リアノンは恋をして、、?

     

    デヴィッド・レヴィサンの小説『Every Day』を映画化したSF・ラブストーリー。

    このようなあらすじから、一見躊躇してしまう人も多いのではと考えられるこの映画。

    ですが、高校生の甘酸っぱい恋愛とともに、本当の愛を知ることのできる映画なのです。

    微SF要素を持ちながらも、「人は見た目ではなくて中身」である・LGBTについても、愛の面から向き合っていきます。

     

    ひと夏の女子高生の不思議な恋に、ときめいてみては??

     

    見終わったあとだからこそ、わかるポスターの意味にも注目です!

  • ロマンティックじゃない? -2019 1時間28分-

    《あらすじ》

    恋愛に夢も希望も持てない建築家が目覚めると、そこは大嫌いなラブコメの世界。

    一刻も早くもとの日常に戻るため、お決まりのハッピーエンドを目指すが、、、

     

    ラブコメの掟を片っ端から無視!!!なヒロインのドタバタコメディにクスッっとしてしまうこと間違いなし。

    ラブストーリーでよく見る場面に、あーあるある!っと共感します。

    それでも、最後にはほっこりとした気持ちになれる、今の自分を大切にしようと思える映画です。

     

    主人公のファッショナブルな洋服からも目が離せません!

  • 君に読む物語 -2005 2時間4分-

    《あらすじ》

    ある老人ホーム。アルツハイマーを患った老女に、ひとつの‘物語’をきかせるデューク。

    翌日には物語を忘れてしまう彼女に、なぜ男は何度も、ていねいに語り続けるのか、、、

     

    何度でも見たくなる恋愛の名作。

    まさにこの言葉がぴったりな映画です。

    そして魅力的なストーリーに加え、惹き込まれるような映像美。まるで芸術作品を見るように、映像が最初から最後まで素敵です。

    見たことがない方も、昔見たことがある読者の方もいるでしょう。ぜひこの機会にもう一度見返してみては、、、?

Write:mai
カフェとコーヒー愛好家です